ラナばせ向上委員会
ranabase.exblog.jp
  Top
2008年 03月 28日 |

昨日は送別会に出席する予定だった。
去年の年末に親友だと思っていた人から「距離をおこう」と言われ、
それ以来、軽いウツに陥り、今、カウンセリングに通いだした。

知り合いに会うことが嫌で、ほとんど家に閉じこもって、ラナばせとべったり。
それが一番気持ちが落ち着くから。

あのどん底の状態から数ヶ月経って、少しは良くなったからリハビリ的に仕事も行ってみることにした。
送別会も出席してみる気になった。不安半分、楽しみ半分。

何ヶ月も飲み会どころか、外食もまったく行っていない。
誘う友達がいない。誘う勇気もなかったから。


仕事から帰って急いでラナばせを遊ばせて、お化粧してちょっとだけおしゃれもして。

f0054731_625024.jpg


「また行くの?」
そうだよね、1日中留守番してたんだもんね。
ラナばせの悲しそうな顔をみて「行くのやめようかな、めんどくさい」って、気持ちが折れそうになったけど約束なんだよ。ごめんね。
「早く帰るからね」と声をかけて家を出た。


アタシが遊びに出なかった数ヶ月のうちに街はかわっていたんだね。
お店が場所を移転していたらしく、それを知らなかったアタシはあちこち探し回った。
ナビで検索して行ってみたけど、そこにはなくて…。ナビのアホ!

幹事さんに電話を入れたけど留守電。何度かけても留守電。
そんなことをしているうちに不安な気持ちでいっぱいになって、鬱の気持ちがむくむくと湧き上がってきて、涙がポロポロ。
「帰ろう」

幹事さんの留守電に「帰ります、みなさんにあやまっててください」と伝言を入れた。

帰る途中に電話がきて「おいで」と言われたけど、真っ赤な目じゃ人前に出られないし、電話の向こうから聞こえる盛り上がっている声にひるんでしまった。
「すいません、今日は帰らせてください…」


アタシってどうしてこう間が悪いんだろう。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、歯車がずれていく。
どうしようもなく切ない気持ちで家に着くと、ばせ男がジタバタ迎えてくれた。
ラナがほんわかした顔で寝ていた。

また涙が出てきた。

ラナばせがアタシと一緒にいたくて飲み会に行かせないようにしたのかな。
ごめんね。
アタシもずっとお前たちと一緒にいたい。


※みなさん、暗い話題でごめんなさい。復活するために、あえて書かせてもらいました。
[PR]
2008年 03月 26日 |

仕事2日目。
昨日も今日も狂犬病の集団注射時に配布するチラシを三つ折りにする単純作業。
そういう仕事は嫌いじゃないの。
むしろ好きかも。
でも1日中はさすがに疲れる。
微熱まで出る始末。

ラナばせはずっとお留守でつまんなそう。
オネショの心配があるラナのために、昼休みは片道20分を無理してでも家に帰るつもりでいたのに、なんと昼休みは45分なんだとさ。
それじゃ帰れないよ。

この2日間は我慢できてるけど、やっぱりかわいそう。
あー、ラナばせと家にいたいな。
わがままかもしれないけど、それが本音。


コメントのお返事遅れてます。
ごめんなさい。
[PR]
2008年 03月 24日 |

昨日の話。
ばせ男のリハビリを兼ねて、車で40分程のところにある公園へ遊びに行ってきた。
アジリティーで何度も行ったことがある公園。

f0054731_233163.jpg
野球場、ゲートボール場などがあり、遊具がある芝生の広場はファミリーで賑わっていた。
人がいるところは避けよう。子供たちに「可愛い~~♪ きゃ~~~♪」なんて囲まれたら困る。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この辺の子供はおかしい。
こんな可愛い犬が2匹もいるのに、興味を示さないなんて(-"-)
ふんだ、ば~~~か。

f0054731_2334536.jpg
桜の季節に散歩したいね。

f0054731_234188.jpg
池もあって、釣りをしている人もいた。

f0054731_2344433.jpg
池にかかる橋で誰もいないのを確認して「コイ!」
ばせ男の視線の先にシェルティーがいた(^^;)
あぶない、あぶない。

f0054731_2351988.jpg
子供が去った隙に記念撮影。
「ばせ、こっち向いて~♪」の声は完全無視。
たくさんの犬がいっぱいお手紙書いているんだろう。
ばせは読むだけ、書くのは許さないから。…で、退場。

f0054731_2354391.jpg

やっぱりモデルはラナだよね。
いつもムッツリ顔のラナもあったかく(暑く)なってくると笑顔になってくれるから嬉しい。
こんな顔もあるけど。

f0054731_2361346.jpg
1枚や2枚はこういう写真が撮れる。これがまた可愛い♪


この後、黒ラブさんと出会って、飼い主さんから可愛がってもらったラナ。
その他にも遊びにきていた親子にも気に入られていた。
ばせ男??
まぁ、それなりに可愛がってもらっていたけど、残念ながら人気度は圧倒的にラナが上。
ラナは調子にのって、グラウンドで野球をしていたファミリーに乱入。すんません。
こういう時は速く走るのね。
ホントはいけないことなんだけど、なんだか嬉しい母ちゃんだった。


そうそう、ばせ男の車嫌い。
昨日は助手席にフリーで乗せてみた。
フンフン泣いて、フロントガラスに落ちた水滴にビビリまくり。
運転しながら左手でばせ男の体をやさしくポンポン撫で撫でし続けた。
行きはこんな感じ。

帰りはね、撫で撫でしてたらそのうち丸くなってウトウトしているようだった。
ちょっとずつ、ちょっとずつ慣らしていこう。
最終的にはやっぱりバリケン移動ができるように。


ところで、明日から約1ヶ月お仕事にいってくる。
狂犬病予防接種のお手伝いで保健所勤務。
1年以上ずっと家にいて、ラナばせとべったりだったから不安もいっぱいよ~。
朝、起きられるかも心配よ~~。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ
ランキングに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
[PR]
2008年 03月 22日 |

f0054731_22221831.jpg

母ちゃんとばせ男はベッドでネンネ。
ラナはベッド脇のソファ。
これがいつものスタイル。

アタシが寝室に行くとばせ男がすぐ後をついてきてベッドに飛び乗る。
その後、ラナがゆっくり入ってきてソファにあがる。

「ラナ、ベッドにくれば?」

f0054731_22224635.jpg

あ、そう。
まぁね、ラナがベッドに乗ると母ちゃん窮屈だし、別にいいけど。


先日、何を思ったか、いつものようにラナより先に寝室に入ってきたばせ男がソファに乗った。
そのままコロリ~ンとネンネ。
後から来たラナが呆然と立ち尽くす。

ラナのネンネするとこがない…。

しばらく考えたラナは意を決してベッドに飛び乗った。
後ろ足がズルっとなったけど。
そして、それ以来、ラナの寝場所はばせ男と一緒にベッドの上。
窮屈だけど、母ちゃん幸せ。

ラナがソファにいたのはベッドに飛び乗る自信がなかったからなんだね。
無理しないかな?ってちょっと心配はあるけど、ラナは自力であがりたいんだよね。

ちょっとだけ自信がついたラナは、今日の散歩で立ち止まることなくアタシの前を歩いていた。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ
ランキングに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
[PR]
# by baseko | 2008-03-22 22:23 | ラナ子 |
2008年 03月 19日 |

今日もまた通院でラナばせ同行。
ハンバーガーを買って公園で食べて、散歩をしてきた。

f0054731_11454461.jpg
またですか…というラナの声が聞こえてくるけど、ま、思い出思い出。
ばせ男は非協力的。
そういう時はばせ男の視線の方向に回り込んで撮る。

f0054731_11461047.jpg
ちっくしょーーーー!! キィ~~~~!!
こうなったらどこまで首が回るか試してやろうか!!

違う場所でも
f0054731_11464013.jpg
ほら、このとおり(-_-;)
公園を一回りして帰ることにした。
今日は挨拶できるわんこさんに会えなかったね。


車に乗る前のチッコをしている時、ダックスちゃんと遭遇。
4ヶ月のモモタロウくん。
ばせ男のハイテンションな「遊ぼ♪遊ぼ♪」攻撃にも全く臆することなくシッポ振り振り。
積極的にばせ男の顔にジャンプしたり。
こうなると、一気にタジタジとなるばせ男。
突然切れてタヌキ走りになったり、アンタの方が赤ちゃんみたいだよ。恥ずかしい。

f0054731_11471435.jpg
ラナは『忍』のみ。
しつこいほどのお口ナメナメにもじっと我慢の子であった。
やっぱりラナは優しいね。


ところで、ばせ男の気持ちがよめなくて非常に困っていることが(;_;)
車では常にバリケン移動。
以前は静かに入っていることができたのに、泣くようになった。
「時々吠える」から始まって、「時々泣く」になり、今は「泣き続ける」という状態。
要求吠えではない感じ。ストレスを感じているような泣き方。
クックックックック、ピ~ピ~ピ~ピ~、カッカッカッカッカッカ。
ファ~~~~~、生あくびなんかもしたりして。

最初のうちは「いけない!」で叱ってみたけど、効き目なし。
「ばせ君、マテだよ~♪」で一瞬黙った時に「良い子ね~、ばせ君、すごいね~~」などと褒めちぎってみたものの、これもダメ。
アキレスなどを与えて気を紛らわす方法も試したけど、食べてる最中だけ。
いっぱい遊んで疲れれば大丈夫かな?と思ったけど、3時間遊んだ後でも一緒だった。

要求吠えだったら無視していてもいいんだけど、辛そうな声を聞いているとこっちも辛くなるんだよ。
今日はもうどうしていいのかわかんなくなっちゃって、ヒステリックになってしまった。

「もうー!!どうすればいやん!!!」
心臓バクバク、ばせ君、ごめん。でも、母ちゃんも泣きたいんだよ~。

アタシの尋常じゃない雰囲気にびびったのか、泣きたいのを我慢して「フン、フン」と小さな声を出していた。
「ばせ君、そうだね。良い子にしててね。できるよね。」


家について唖然。
ばせ男のバリケンがびちょびちょ。「あー、ヨダレがいっぱい出ちゃったね」

ん!?まてよ…。これは…チッコ…。

車に乗せる前にしたのに。
いつしたのかもわからない。アタシが大声だしちゃった時かな…。
これは叱れないよ。むしろ「ごめんね」って気持ちでいっぱいだった。

何とかしなくちゃ。
このままじゃばせ男もアタシも辛いもの。

f0054731_11474375.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ
ランキングに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
[PR]
# by baseko | 2008-03-19 23:49 | ばせ男 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Dog & Bone Skin by Sun&Moon